×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

田舎暮らしの物件と借家を借りる前に!

田舎暮らしの短所とは?

お互いの憧れ

田舎暮らし,物件,借家,スローライフ,定年,セカンドライフ

 

田舎に住んでいる人は、都会のあのザワザワした感じ、毎日の忙しさに憧れを持つといいます。
田舎にはない、都会独特の雰囲気に少しでも触れてみたいと思うのです。

 

 

でも、それも1ヶ月もいたら、我慢できなくなるでしょうね。
やっぱり、田舎がいいと思うでしょう。

 

 

一方、都会に住んでいる人は、田舎に憧れます。こんな都会はオサラバしてのんびり田舎で暮らしたいと毎日思います。
でも、実際都会に慣れている人が、ブームなどで田舎暮らしをしたら、1ヶ月もいれば、またあの暮らしに戻りたいと思うはずです。

 

 

つまり、それぞれいいところと悪いところがあるのです。

 

 

 

では、ココでは、みんなの憧れている田舎の短所について色々と書いてみたいと思います。


田舎で大変な事

田舎暮らし,物件,借家,スローライフ,定年,セカンドライフ

 

田舎はいいことばかりではありません。

 

田舎でセカンドライフを考えている方は、何かしら田舎で働いたり、人と触れ合ったりする機会があると思います。
野菜を育てながら、悠々自適な生活をする方は稀かもしれません。

 

 

このように田舎で生活を考えた場合、人付き合いを都会のように考えていたら失敗します。

 

 

これこそが、田舎での醍醐味といわれればそれまでかもしれませんが、これに馴染むまでに苦労される方は大変多いのです。
例えば、近所の消防団、行事、こういった都会では全く関わってこなかったものに、半強制的に参加させられる事になることもあるでしょう。

 

 

 

田舎の暮らしにあこがれ、借家を借り、自分のペースで生活を!!なんて考えていたとしたら、その現実と理想のギャップに耐えられないかもしれません。
そのくらい、田舎では生活に干渉されるという事を肝に銘じていたほうがいいかもしれません。

 

 

 

さらに、借家などにしても、その土地が、本当に田舎と、風景などからセカンドライフに適した町、というスタンスでも借家の料金が変わってきます。

 

 

また、このように田舎暮らしがブームになって開拓された土地というのは、概ね借家なども高いため、田舎で暮らすというメリットが経済的という観点からないかもしれません。

 

でも、都会で慣れている方の場合、このように開拓された、ほどほどに田舎の方がいいかもしれませんね。
本当に田舎の場合、耐えれないかもしれませんから、、、

 

 

 

このように、まずあなたが田舎暮らしで耐えられるのかどうかを確かめるためにも、まずは借家のほうがいいかもしれませんね。



ホーム RSS購読 サイトマップ